新着投稿

自臨伝(13) 軽はずみである罪を謝罪して腹を切る 「不慎みの風儀のあるからなりとして、其の席にて腹切るべしとなり。」 (幣帚自臨伝 巻一 専伐抜刀名目假用弁/左連裏勝(ひだりづれうらがち)) ・軽はずみな態度があるから … 続きを読む 新着投稿