片山流神武之会は、片山流居合剣術の技法を今日に保存し、古流伝承に努めています。

自臨伝(第二巻)

  • HOME »
  • 自臨伝(第二巻)

自臨伝(16)当流だけが刀術と言わずに剣術という

「当流独(ひと)り刀術といわずして専(もっぱ)ら剣術と云う」(幣帚自臨伝 巻二 剣術目録序(けんじゅつもくろくじょ))
・当流だけが刀術と言わずにただただ剣術という。

「剣」(けん)という漢字には「検」(けん)の字の意味を含んでいます。「検」には、取り締まる、正すという意味があります。私たちの流だけが刀術と言わず剣術と言うのは、「武」の本来の意味を忘れないようにするためです。「武」とは争乱が自然と止むという意味ですが、私たちは自分の心を常に正して引き締めておかないと、ともすれば切ったり殺したりの事になります。ですから私たちは「剣術」と名乗って、常日頃から自他の心を引き締めているのです。

 刀は片刃ですが、剣は両刃のものです。一方の刃が人に向えば一方の刃は自分に向いています。これは、切ろうとする者にも半分の罪があることを意味しているのです。
(提供;和田雄治 , Costantino Brandozzi, Rennis Buchner)

自臨伝(17)物があれば、必ず法則がある。

 「物(もの)有れば必ず則(そく)有るなり、理(り)有れば必ず事(わざ)有るなり」(幣帚自臨伝 巻二 剣術目録序(けんじゅつもくろくじょ))
・物が有れば必ず法則がある。理論があれば必ず技術がある。

 将来に起こることを予測して対応するのは難しいことです。ですから物事が起こった始まりに注意して対応することが大切になります。物が有るということは、それなりの理由があり、その理由は必ず一定の法則に基づいています。
 たとえば、堂塔を立てることは一つの事を成し遂げるということですが、堂塔を水平に建てようとすれば、地ならしをして必要な道具を使わなければできません。堂塔を建てよとの命令がでる以前から、平生に理屈や法則を熟知して、仕事に習熟しておく必要があります。大工仕事を始める日になって、恥ずかしい事がないようにしておくべきです。

(提供;和田雄治 , Costantino Brandozzi, Rennis Buchner) 

PAGETOP
Copyright © 片山流 神武之会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.