片山流神武之会は、片山流居合剣術の技法を今日に保存し、古流伝承に努めています。

新着投稿

  • HOME »
  • 新着投稿

自臨伝(6)大刀は不正を正すもの。小刀は自分の腹を刺すもの。

「当流専ら剣術と称するは、神武にして殺さずを本旨として、以て不正を治むるの故なり(幣帚自臨伝 巻一 当流大小刀之掟)
・当流が、ひたすらに剣術と名乗るのは、神武であって殺さないことを目的として、不正を治めるためです」

刀は、自分の手に合い力に応じたものを試して帯刀とするわけですが、長短の損得を論じて決めるものではありません。本来、剣とは両刃のものですが、片方の刃は敵対する者に、一方は自分に向いています。刀はこの剣の両方の刃を二つに分けて大刀と小刀を作ったものです。したがって、大刀は上の命令に従って不正を正す道具であり、小刀は自身の誤りを謝罪して脇腹を刺すものです。
 大刀も小刀も自分の恨みを晴らす道具ではありません。片刃の刀を持つ者も、常に両刃の剣の意味を忘れてはなりません。

 

 

PAGETOP
Copyright © 片山流 神武之会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.